17分間の喜劇

一回裏の6失点で試合が終わりました。
たった17分間で地獄に叩き落とされた現地のロッテファンは「金返せ!」と叫びたい気持ちだったのではないかと、それもエラー絡みとなればなおさらです。
あるいはもう笑うしかなかったかもしれず、あまりに不甲斐ないプレーの連続に喜劇を見たとでも思うしかありません。
前日の1イニング2牽制死に続いて六回には仕方がない走塁ではありましたがレフトゴロという珍しいものまで見せてもらって、うん、お腹いっぱいです。

リードがくそ

中村稔は初回の6失点のみの4回7安打はしかし自責点2でしかなく、2失策が無ければもっと投げられたでしょう。
二回以降はヒットも当たり損ねばかりでしたので、ほぼ完璧に抑えたと言ってもよいです。
だからと言って懲罰交代となった柿沼のリードに責を求めるのは違うのではないかと、外一辺倒もそうですし立ち上がりにストレートの配球が多いのもそう、それは柿沼に限った話ではなく田村であれ佐藤都であれ似たようなものですから吉井コーチなり清水コーチなりに責任があると考えます。
解説がやたら佐藤都のリードを誉めていましたが代わった二回こそ内への要求が多かったですが三回以降はいつもの外リードでしたし、変化球の使い方にしても柿沼であっても二回り目からは変えていったでしょう、それであれば初回にマウンドに行って指示を出せばいいだけの話でしかありません。
悪送球が理由であれば藤岡も代えなければおかしいですし、どうにも柿沼がスケープゴートにされたように思えてしまいます。
森のそれに比べればいかにロッテ捕手陣のリードが外ばかりというのがよく分かった試合でもあり、そして投げ慣れないのでたまに投げようとすると内に投げきれずに中に入ってしまう、それを怖がって外にまた気持ちがいってしまう、そんな悪循環に陥ってやいないか不安に感じます。
成田は栗山には浮いたところを打たれたものの左打者に対して先日もそうでしたがボール先行にさえならなければ面白い存在になれそうな、前回に腕を下げたときに比べれば数字も出ているので懸念はやはり配球、外スラオンリーで潰した中後の繰り返しは避けなければなりません。

起用がクソ

今日の加藤翔は二番に上がって1安打、しかし高部はそれを上回るプロ初のマルチヒットです。
走り打ちになったり当てにいくようなときもありますがヒットはしっかりと叩けていて打球スピードが凄まじく、しかし打球が上がりそうなスイングではないので目指すはヒットメーカーか、それを活かせなかった加藤翔とは違って盗塁ができる脚力ですので次代の核弾頭候補に名乗りを上げました。
気になるのは守りの評価で鎌ケ谷で見たときもさして印象は無かったのですが、昨日に守備固めを出されていたのが引っ掛かりはします。
こちらの加藤は九回の守りから出てきてバント処理で鬼肩を見せたかったでしょうが安田に奪われて、バットではゲッツーで最後の打者に、加藤翔を意識したわけでもないでしょうが初球打ちのスイングを見る限りでは前評判どおりに打てそうな雰囲気はありませんが、また次に頑張りましょう。
打線は今井に五回までノーヒットで六回に高部のヒットから暴投で、七回は高部のタイムリーが精一杯で、高部がいなかったら零封負けになるところでした。
こんな日もあるのでしょうが踏み込まれる、外を見極められる、の相手打者との彼我の差をベンチには感じてもらいたいです。
そして捕手を除いてフル出場は全試合を勝ちに行く晩年の西村野球を見るかのようで、見慣れましたし言い飽きましたが、ぺんぺん草も生えません。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 0 0 0 0 0 1 1 0 0 2 5 4
西武 6 0 0 0 0 0 0 1 X 7 10 0

◆6月19日(土) 西武−千葉ロッテ11回戦(西武6勝3敗2分、14時、メットライフドーム、7,597人)
▽勝 今井 11試合5勝2敗
▽敗 中村稔 7試合2敗
▽本塁打 森9号(中村稔)

▽バッテリー
千葉ロッテ 中村稔、フローレス、成田、横山—柿沼、佐藤都、加藤
西武 今井、十亀、渡邉—森

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村