2021年通信簿 67 茶谷健太

67 茶谷健太 内野手 23歳 年俸600万円

【2021年成績】 E 37試合 81打数 14得点 21安打 打率.259 2二塁打 0三塁打 2本塁打 7打点 0盗塁 15四死球 17三振

昨季に移籍後初ヒットを放ちプロ初盗塁も決めてさらなる飛躍が期待された茶谷でしたが、故障でシーズンのほぼ半分を棒に振ってしまいました。
石垣島では一軍スタートもその初日に右太もも裏の肉離れで二日目に離脱とは井口監督が嫌がりそうなパターンですので大丈夫かと心配になり、そしてそこからぷっつりと消息を絶ったのは長引きやすい箇所にしても意外と言いますか何があったんだよと、復帰は7月上旬の練習試合にようやくです。
そこから二軍戦にも出場して秋口にはスタメンも増えましたが平沢、福田光、西巻が規定打席に達する中でそれでも一軍に昇格できなかったことからしてそれよりも手前にいる茶谷のオフは厳しいかなとも思いましたが若さなのか右のアドバンテージか、いずれにしても土俵際であることに変わりはありません。

二軍でレギュラーを

その二軍ではサードが22試合で一番に多く次がショートの10試合、ファーストが9試合、セカンドが6試合、外野も5試合を守りました。
鎌ケ谷で見たのはセカンドを除く内野と外野はライトで、そのライトは「おっ」と思っただけで打球が飛んだかどうかすら覚えていませんが派手さは無いもののサード、ショートとも堅実に、ファーストもぎこちなさはあれど小器用に、それが出番を減らす理由にはならないだけのものはあります。
もう少し前に出る積極性があってもよいと思いますが声は出ていて大型内野手としての魅力はたっぷり、そのためにも打撃をもっと磨きたいです。
ちょっとボールを見過ぎているようにも思えるのは安田に近しく、そういったところがアピール不足になりベンチは物足りなく感じているかもしれません。
抜いたボールに合わせるのに苦労しているようですしもう少し時間はかかりそうですが、そこまで生き残るためにもまず二軍でレギュラー確保が必須です。

2019年通信簿
2020年通信簿

【オリオン村査定】 600万円 → 540万円 (▼10%)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村