2021年通信簿 39 吉田裕太

39 吉田裕太 捕手 30歳 年俸1100万円

【2021年成績】 7試合 9打数 1得点 1安打 打率.111 0二塁打 0三塁打 1本塁打 1打点 0盗塁 1四死球 3三振 得点圏打率.000

7月の左手関節三角線軟骨損傷に対する関節鏡下縫合術はプレーができるようになるまで5ヶ月との目論見でしたので、もし例によって復帰が遅れるようであれば育成枠契約への変更もあるかと思っていましたが、支配下に留まりましたので順調と見てよいのでしょう。
それにしてもここのところは故障が相次いで昨年は左腓腹筋内側部筋挫傷、一昨年は左大腿二頭筋肉離れでしたし、競える状況にすらなっていません。
自身も含めて捕手陣に故障者が続出したことで植田の台頭、加藤のトレード、そして松川、村山の獲得に繋がったのでしょうし、そもそも今季は捕手としてではなく打者として勝負だったことからして、そろそろ一軍に居場所を作らないとヤバい吉田です。

苦肉の策だが・・・

開幕前は教育リーグを含めてアーチを量産してまずまずの出足も、そのホームランを放った試合でそれを誉められることなく犠牲フライを打てなかったことに苦言を呈されるなど立場としてはかなり弱く、それでも4割近い打率で開幕一軍をゲットしました。
そして開幕戦に代打で一昨年以来の一発でアピールをしたものの、その後にヒットが出なかったにせよ一ヶ月で僅かに10打席は左手首の状態が悪くだましだましだったのではないかと、そして4月下旬に抹消されると二軍での出場も無いままに二ヶ月後の手術となりました。
ルーキーイヤー、そして二年目と順調に見えたところから一転して捕手としての出番が減っていたことで昨オフにも「パンチ力が自分の強みだと思うので確率を上げてチャンスを生かせるようにやっていきたいです」とバットに賭ける意気込みが数年前からあってそれが筋肉隆々に繋がったのでしょうし、それが逆目に出たのか100キロを超える体重を支えきれずに下半身の故障が相次いで、今春にはかなりすらっとしたのはその反省だったのだと思われます。
かと思えば今度は手首ですのでとことんツイていないとしか言いようがなく、そして「捕手としては」打てる吉田のバットで勝負は苦肉の策であるにせよ高濱が代打の切り札を狙って撃沈しただけにしんどそうな、むしろ今だからこそ捕手としての希少性を前面に出した方がよいと考えないでもありません。
田村と競い合っていたときでも吉田推しだったというのもありますが、それでも加藤よりは打てますし松川が一本立ちするまでに支えるベテランの存在が求められるはずで、心の弱さとキャッチングの拙さが難点ですがライバルも似たようなものですから、ここは原点回帰に一票です。

2014年通信簿 2019年通信簿
2015年通信簿 2020年通信簿
2016年通信簿
2017年通信簿
2018年通信簿

【オリオン村査定】 1100万円 → 1000万円(▼9%)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村