2021年通信簿 29 西野勇士

29 西野勇士 投手 30歳 年俸7000万円

【2021年成績】 なし

右肘内側側副靱帯損傷で昨年の6月にトミー・ジョン手術を受けた西野は術後4ヶ月でスローイング開始の見込みでしたが昨秋の段階では遅れ気味で、契約更改での会見では「手術から1年でゲームに復帰できたらいいなと思います」との目論見どおりともいかず、二年続けて公式戦の登板はゼロでした。
石垣島では18.44メートルの間隔でキャッチボールをしていましたが肘が馴染むのに時間がかかったのでしょう、球団からは再来年、つまり来季を見越してやってくれればいいと言われたとのことですから現場として無理をさせない方針だったのかもしれません。
それでも二軍閉幕後の練習試合で実戦登板をしてフェニックスリーグにも参加をしましたから、充実の30代に向けて西野の第二幕が来季から始まります。

熱く冷静に

とは言いながらも種市と同じく期待はすれど計算はできず、先発ローテの争いでは5番手、6番手のチャレンジ枠がまずの目標です。
離脱期間が長かったことでようやく投げられた嬉しさから逸る気持ちもあるでしょうが、ここは高野ではないですが熱く冷静にいきましょう。
肩肘さえ万全であればかつての守護神の実績から過負荷が続く勝利の方程式の仲間入りが理想ですが、自分的には元々が先発推しでしたし、そうでなくても連投などができる状態では無いでしょうからむしろ佐々木朗ばりに中10日以上で回すのがよいと考えます。
本音で言えば佐々木朗ですら開幕からの中6日に懐疑的ですので5番手、6番手はその佐々木朗に西野、種市の復帰組、本前、森らのチャレンジ組を充分な間隔を維持しつつ競わせながら中盤戦以降に勝負できる先発を探す、西野であっても居場所は自らの力で勝ち取って存在をアピールしてもらいたいです。
そのためにも開幕を意識しすぎずに少しずつ球数、イニングを増やしていけるよう、大好きな選手の一人ですので頑張ってください。
査定は今季のこれを見越してのものだったはずなので種市と同じく現状維持とも考えましたが、しかし西野は限度額いっぱいで本来であればもっと下げたかったのが球団の本音でしょう、そんなこんなで気持ちだけ、きりのいいところでの再スタートとしてみました。

2009年通信簿 2014年通信簿 2019年通信簿
2010年通信簿 2015年通信簿 2020年通信簿
2011年通信簿 2016年通信簿
2012年通信簿 2017年通信簿
2013年通信簿 2018年通信簿

【オリオン村査定】 5250万円 → 5000万円 (▼5%)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村