2020年通信簿 64 大嶺祐太

30 大嶺祐太 投手 32歳 年俸1470万円

【2020年成績】 2試合 0勝1敗0S 防御率9.00 9回 15被安打 1被本塁打 6与四球 0与死球 9奪三振 被打率.405

右肘手術による育成枠契約への切り替えが遅れて物議を醸した大嶺は、それもあり一年に満たない3桁の背番号で支配下選手登録に戻ってきました。
二軍では先発で起用されて4勝、防御率2.84と復活を印象づけての8月下旬に一軍に戻ってくるやリリーフでの手探りもなくやはり先発としての1171日ぶりですからベンチから期待をされていたのでしょう、5回7失点で黒星を喫するも二度目のチャンスもありましたから何らかの手応えはあったはずです。
しかしその二度目が4回2失点とまずまずながらも区切りを付けて抹消をされると二軍で炎上をしたこともあり再びに呼ばれることはなく、降格以降は一つも白星を上乗せできないままに終わりましたのでシーズンを投げきるだけの肩肘のスタミナが足りていなかったのかもしれません。
そうなれば来季の再チャレンジは即ちラストチャンスの覚悟が必要ではないかと、思い起こせばブログを始めて二番目の記事がこの大嶺でそのときに現役だった選手で今も健在なのは大嶺と角中のみ、つまりは投手陣の最古参ですので自分のことで必死でしょうがチームを引っ張るぐらいになって欲しいです。

若さを見せろ

もう33歳ですがまだ33歳でもあり、石川と同い年で唐川や益田の1歳上でしかないと考えればお休みがありましたから体の若さでは勝っているはずです。
石垣島のブルペンで見た感じでは140キロは出ていなかったのではないか、とは私見でしかありませんが、しかし捕球音が反響する環境でむしろ速く感じるのが普通ですから当たらずといえども遠からずだったのではないかと、それが一軍での復帰登板では150キロが出ましたので肘はほぼ完治したのでしょう。
相変わらずにコントロールへの不安はありますがそれだけのストレートがあれば細かなことは考えずに「あの辺りにドーン」の言葉を何度目になるか忘れるぐらいにまた贈りたいですし、「投手は打たれるもの」と達観して台頭しかけたあのときの気持ちを思いだして欲しくもあります。
とは言え来季に結果を残せなければ肩を叩かれる可能性がかなり高いですからキャンプ地の移転も囁かれる石垣島のためにも頑張らねばならず、チバリヨー!

2007年通信簿 2012年通信簿 2017年通信簿
2008年通信簿 2013年通信簿 2018年通信簿
2009年通信簿 2014年通信簿 2019年通信簿
2010年通信簿 2015年通信簿
2011年通信簿 2016年通信簿

【オリオン村査定】 1470万円 → 1250万円 (▼15%)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村