2020年通信簿 50 松田進

50 松田進 内野手 26歳 年俸750万円

【2020年成績】 E 62試合 110打数 15得点 29安打 打率.264 7二塁打 0三塁打 3本塁打 13打点 1盗塁 15四死球 31三振

本来であれば右の内野手ですのでもっと注目をされてもいいはずの松田は、しかし自分的にはすっかりと忘れた存在になってしまいました。
そのポジションからすれば年下の茶谷、西巻の後塵を拝している状況ですので存在感が薄れるのも仕方がなく、その大柄な体格からパワーヒッターとしてのアドバンテージを見せることもできなければどっちつかずの中途半端になってしまったような、下位指名に大卒社会人経由の来季で三年目はもう黄信号です。
おそらく今のままの延長線上であれば今オフに外国人選手も含めてそれなりの野手を獲ったことで二軍での出番も減らしてしまうでしょう、何で勝負をするのか、できるのか、全体的なレベルアップよりも一芸を磨かないと球団からも忘れられる存在になってしまうように思えます。

一から作り直す

その公称188センチ、93キロのずんぐりな体つきで好守のショート、脚力も秀でているとはドラフトのときの評価でした。
しかし鎌ケ谷ではセカンド、サード、ショートでのプレーを見ましたがもさっとした動きでは無いにしても守りでアピール、もしくはどこでも守れるユーティリティとしていけるほどには思えず、それであれば茶谷、もしくは西巻というベンチの選択は正しかったと言えます。
昨季は二軍で11盗塁だったものが激減したことでそこの魅力も薄れてしまい、長打も含めて全てに上回っていた細谷が戦力外通告となりその細谷に勝っているのが若さだけとなれば茶谷らと競うのは厳しく、松田と言えば、の何かをものにできなければ生き残れるとは思えません。
それだけにしっかりと自分のスイングができていれば逆方向にも放り込めるだけの力がありながらも当てにいくようなスイングに見えたのが残念すぎて、そもそも石垣島でも腰の違和感で別メニューなど体調面で躓いているようでは話になりませんので全てを一から作り直すぐらいのつもりで頑張ってください。

2019年通信簿

【オリオン村査定】 750万円 → 675万円 (▼10%)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村