2020年通信簿 25 岡大海

25 岡大海 外野手 29歳 年俸2800万円

【2020年成績】 62試合 56打数 12得点 8安打 打率.143 0二塁打 0三塁打 0本塁打 2打点 7盗塁 7四死球 18三振 得点圏打率.125

今季もエースにはなれませんでした。
開幕前に井口監督がもの凄いポテンシャルを秘めている選手として石崎とともに岡の名前を挙げましたが、その資質を活かせないままにもう来季は30歳です。
昨オフにウインター・リーグへの派遣はその年齢からして異例中の異例はそれだけ期待をされているのでしょうが、そのウインター・リーグでは10タコでロースターから外されてしまうなど結果を残せず、そして今季に大きく数字を落として立ち位置に変化が生ずるのかが見ものではあります。
これでコロナの濃厚接触者として離脱をした以外はずっと一軍なのですから不遇な加藤との比較をされるのも仕方なく、このまま未完の大器で終わるのか、それとも一度だけでも輝くような活躍を見せることができるのか、外野陣は若手が伸びてきたことで残された時間はあまり多くはありません。

スーパーサブにも至らず

岡にとっては開幕前までは打撃好調も開幕後はほとんど打席に立つことができず、乗り切れなかった不幸があったとは思います。
そこは岡に限らず調子の良し悪しではなく最初に決めたメンツにこだわる井口監督の起用がもたらしたものですのでもったいなくはあり、その躍動にようやく開花するのかと期待をしただけに残念でもあり、例えば福田秀の代わりにスタメンで使っていればどうなったかと思わないでもありません。
あるいは井口監督は資質は買っていてもレギュラーではなくスーパーサブとしての岡を求めているのかもしれず、しかしそのスーパーサブにも至っていないのが現実で、自慢の脚力は盗塁成功率が落ちてまた和田の台頭もあり、そして走塁の大ポカが岡の代名詞となるようなところも変わらないままです。
フェンス直撃の打球でセカンドから生還できなかったのには呆れましたが野手のポジショニングを確認していなかったのか判断がチョロいのかは分かりませんが打った瞬間にセカンドに戻りかける動きが目立っているような、走り始めてからトップスピードまでの速さはさすがですがこれではここぞで使えません。
たまにある長打が魅力の選手でもありますが今季はそれがゼロとなるといよいよ厳しく、守りではおそらくは直接的なライバルになるであろう和田より安心できますがその和田も場数を踏んで肩はまだまだですが守備範囲ではその一歩目の速さもあって岡と遜色ないところまで近づいています。
そして内に秘めるタイプの選手もいますのでパフォーマンスをしろとは言いませんがもう少しは覇気を見せて欲しい、脆すぎるぐらいの三球三振などやる気があるのかと野次が飛ぶのも分かりますし自分も含めて歯がゆく思っているファンも少なくないはず、来季も一軍であれば昨季の数字が最低ノルマです。

2018年通信簿
2019年通信簿

【オリオン村査定】 2800万円 → 2240万円 (▼20%)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村