連日の16点大勝

前日の大量得点に今日の沈黙が心配されましたが、あっと驚く連日の16点大勝での最下位脱出です。
これが上沢に対してであれば小躍りなのですがエースの中6日を崩しての吉田であってもあまりに決定打不足が続いていただけに打線にとってはきっかけになるのではないかと、この惨劇に話題性に比して入札が無かった現実を吉田、そして栗山監督は痛感していることでしょう。
打ち崩しているイメージは無いものの勝ち負けについては相性のいい上沢ではありますがそれでもカード初戦にくればしんどかったので、もしこのカードを勝ち越せれば栗山監督のチョイスのたまものですし、吉田vs山口、吉田vs藤原の因縁の対決が空振ったのもGAORAだけに痛快です。
日本ハムが勝っているときだけではなく負けていても突然に叫びだしてうざい岩本も途中で疲れて静かになり、また実況も大人しい不思議な中継でした。

安田、波に乗ってくれ

そんな吉田に対してではありますが前日の5打点に続いて今日も4打点の安田が、しっかりと四番の仕事をしてくれました。
いずれも引っ張っての打球でしたがかん高い左中間へのそれとは違ってぐしゃっという叩き潰すような打球音はそれはそれで迫力があり、立ち上がりの二木が不安定だっただけに二回のダメ押しともなる今季初アーチは効果抜群で、吉田をノックアウトした一発で波に乗ってくれとは切なる願いです。
三打席以降を見ればまだ安田らしいバッティングにはなっていませんがこの二日間の活躍で警戒をされての四球でもよし、菅野が返してくれるはずです。
その菅野、やはり急造ファーストの辛さなのか一二塁間の打球を深追いしてベースカバーが遅れるケースが目立っていて、課題だった外野守備がその位置取りや球際の強さも含めてかなり上手くなっているだけに本職で起用してあげたく、藤原を下げてのそれもありでしょう。
藤原は最後に一本は出ましたが積極的なスイングが無茶振りになりつつあり、出塁率が高いこともあり起用しているのでしょうが山口ももう少し見たいです。
また開幕までの好調を出番をもらえなかったことで勢いが止まった昨季の繰り返しか、と思っていた岡のマルチヒットもあり外野サバイバルを待ちます。

大丈夫かハーマン

二木は7回零封で今季初勝利は見事でしたが、しかしらしさというところでは負けた開幕戦の方が出ていたかもしれません。
立ち上がりから逆球が多くあそこまであっさりと歩かせる二木は珍しくもあり、持ち味のストレートに伸びがありましたので決定打を許さなかったものの本人とすれば不満だったのではないかと、大量援護で中盤以降は落ち着きを見せましたが春先に大量得点差での96球はベンチの叱咤にも思えます。
悪いなりにまとめられたのは成長でしょうが次は山賊が戻りつつある西武ですので、二木らしい走者を出さないピッチングが必須です。
それよりも心配なハーマンは3試合連続失点で、先日に同じく調整登板の唐川、益田もピリッとしなかっただけに吉井コーチは頭が痛いでしょう。
ただ自身が不調なだけではなく三打席連続三振だった天敵近藤が息を吹き返しかねないタイムリーを浴びたのが痛手で、来週に地元に戻るまではそのままでしょうが今の状態で勝ちパターンに突っ込むのは恐怖感がありますし、次もやられればフローレスや東條との入れ替えを検討せざるを得ません。
一方で土居が慣れてきたのか文字どおりに上から目線のピッチングで経験値を稼ぎ、二軍では佐々木朗が公式戦デビューを果たし足首の故障が癒えた横山も自己最速の150キロを叩きだしたとのこと、高卒投手路線があまりに順調で「プロに入ってスピードが落ちる」ロッテ化が死語になりつつあり喜ばしいです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 2 5 0 0 0 4 1 2 2 16 17 0
日本ハム 0 0 0 0 0 0 0 4 0 4 7 1

◆4月2日(金) 日本ハム−千葉ロッテ1回戦(ロッテ1勝、18時、札幌ドーム、9,150人)
▽勝 二木 2試合1勝1敗
▽敗 吉田 1試合1敗
▽本塁打 安田1号(吉田)、マーティン3号(福田)

▽バッテリー
千葉ロッテ 二木、ハーマン、土居—田村、柿沼
日本ハム 吉田、北浦、福田、鈴木健、玉井、村田—宇佐見、清水

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村