鮮やかにラッキーエイト

ミスにつけ込んで2点を先制、しかしその後は涌井にあしらわれる毎度のパターンに1点差ながらも敗色濃厚のムードを、ラッキーエイトが切り裂きました。
酒居にまで抑え込まれて負けていれば相当に悔しかったでしょうから、益田が劇場をやりかけたのでビビりましたが勝ててよかったです。
それにしても角中を外して藤原、福田秀の二人ともをスタメンとは思いもよらず、しかも藤原を二番のマルチヒットがいずれも得点に絡んだので井口監督としてはしてやったりでしょう、四番マーティンもそうですが出足の華々しさよりも地味でも継続こそが力ですので藤原には五輪休みまでが勝負となります。

中村奨が左腕一本で

その藤原のヒットはいずれも初球、攻めの姿勢は昨季から変わっていないようです。
一本目は外から入ってくるボールをカットするようにレフトへ、二本目は外のボールを巻き込むようにしてライトへ、色とりどりでした。
追い込まれると外に逃げていくボールに手を出してしまうという脆さも見せましたが、外された角中にはいい刺激になるでしょう。
もっともダイビングキャッチで魅せたかと思えば中途半端な追い方で後逸したり、涌井の気付きが遅れたり小深田がタッチをし損ねたりに救われましたがスペースシャトルスタートは結果オーライで片付けるわけにもいかず、誉めながらも叱る、そんなベンチであってもらいたいです。
一方で福田秀は4タコでしたが注目をしていたのは俺四番スイングがどうなったか、に変化はありましたが無茶振りではなかったものの合わせるようなスイングになってしまえばどっちもどっちで、4打席での判断は早計ですので次はシャープに振り抜くスイングを見せてください。
それにしても5点に近い援護率で勝ち星こそ稼いでいるものの予想どおりに外様二年目にはまっている涌井をしかし攻めきれず、そこそこ点を取りながらものらりくらりとイニングを稼がれて無死一三塁も恒例の牽制死で潰すなどこの後も面倒なことになりそう、ホント、いい迷惑です。
そしてラッキーエイトは先月に率をかなり落としましたが長打が出始めた中村奨の、やや体勢を崩されながらも最後は左腕一本で運んだようなレアードチックな打球がレフトスタンドまで届くとはビックリ仰天、率も欲しいですが今江にならないよう15本塁打をノルマと課しましょう。
また益田を救ったのは実は岡の一発ではないかと、ああいった打球を見ると使いたくなるのも分かりますし、リスクとメリットの天秤が難しい選手です。

フローレス輝く

東妻が持病のボール先行で逆転打を許し、小野が相変わらずだっただけに、フローレスの好投が際立ちました。
150キロオーバーの数字は眉唾ながらもストレートに力感があり、構えたところにいかないボールもままありましたがねじ伏せた感じです。
本人には申し訳ないながらもスマートさのかけらもない泥臭いピッチングはしかし嫌いではなく、間違いなく今日の逆転勝ちの立役者の一人でしょう。
先発の本前は景気よく打たれましたが実質的には長打は一本だけでしたので微妙にタイミングをずらせていたのか、痛烈なライナーはほとんどなく、外野に大きめな飛球も差し込まれたか伸びが無かったので数字ほどに悪くはなかったのかもしれません。
本人は腕をしっかりと振り切れなかったと反省をしているようで、二軍とは違って簡単に空振りはとれずとも必ずしも打たせて取るタイプでもないのにやたら奪三振が少ないのが一つの壁なのか、いろいろ考えながら投げる本前だけに次は首を振りやすいであろう柿沼と組ませてみたいです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
楽天 0 0 1 1 1 0 0 0 0 3 12 0
千葉ロッテ 2 0 0 0 0 0 0 3 X 5 10 0

◆7月3日(土) 千葉ロッテ−楽天13回戦(6勝6敗1分、14時、ZOZOマリン、12,409人)
▽勝 フローレス 8試合1勝
▽S 益田 35試合4敗19S
▽敗 宋家豪 18試合1勝1敗
▽本塁打 中村奨6号(宋家豪)、岡3号(宋家豪)

▽バッテリー
千葉ロッテ 本前、東妻、小野、フローレス、益田—田村、柿沼
楽天 涌井、酒居、宋家豪、福井—太田

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村