残り物の福をつぶやく

いよいよ待ちに待ったドラフト会議です。
ロッテが入札を公表した早川(早大)にはヤクルトなど4~5球団の重複が予想されていますが、ぽろぽろ一本釣りの噂もありますので3~4球団と見ています。
巨人とソフトバンクが佐藤(近大)、中日が高橋(中京大中京)への入札をやはり公表していますのでロッテより上位で早川に入札をするところは無く、よって重複がどれだけになろうとも下位チームからくじを引いていきますので井口監督は引くと言うよりは残ったものに福があることを願うしかありません。
外れたときの有力な候補とされているのは鈴木(法大)とこれまた左腕にまた重複をする可能性がありますので、井口監督のくじ運を信じましょう。
その他の上位候補で伝えられるのは二遊間を守れる即戦力として牧(中大)、元山(東北福祉大)は編成と起用のミスを露呈することになりますのでグッときませんが、とにかく獲りたい選手を獲れることが一番ですので、どうやら支配下での指名は5人程度のようですが笑顔で終わりたいものです。

例年であれば会場への入場から始まりますが、今年は各球団毎に個室ですのでそういったイベントも無く淡々としています。
てか、何でこんなに引っ張るのか、とっとと入札しろよ~!

やっと入札が始まりました。
オリックスは佐藤(近大)、ヤクルトは早川(早大)、日本ハムは伊藤(苫小牧駒大)、広島は栗林(トヨタ自動車)、楽天も早川、DeNAは入江(明大)、西武も早川、阪神も佐藤です。

ロッテの入札は早川隆久(早大)!

サプライズはありませんでした。
中日は高橋(中京大中京)、ソフトバンクも佐藤、巨人も佐藤です。
早川と佐藤はそれぞれ4球団の重複と大方の予想どおり、広島とDeNAが一本釣りに走って上手いことやった感はあります。

佐藤は阪神が獲得!

阪神がどうのよりもソフトバンクでなくてよかったかなと、原監督ばかり言われていますが工藤監督のくじ運の悪さは鉄壁です。
佐藤はスケールの大きい加藤臭がするんだよな~、辰己のときにもそう思いましたが(笑)

早川は楽天が獲得!

残り物に福はありませんでした(涙)
楽天てのがムカつくなぁ、外れるならヤクルトに行って欲しかったです。

外れ入札が始まりました。
オリックスは山下(福岡大大堀)、ヤクルトは鈴木(法大)、西武は渡部(桐蔭横浜大)です。

ロッテの外れ入札は鈴木昭汰(法大)!

また被りました・・・
ソフトバンクは井上(花咲徳栄)、巨人は平内(亜大)です。

鈴木はロッテが獲得!

今度は残り物に福がありました。
どうやらいずれの抽選も二番目に福があったとのこと、偶然にしては面白いです。
最後にヤクルトは木澤(慶大)です。

ロッテの1巡目は鈴木昭汰(法大)!

早川を外しての鈴木は同じ左腕ですので編成の方針としては一貫しています。
ただ小島、中村稔とそれなりに二年目で結果を残しつつある中でそれが一番のポイントなのか、と問われればやや疑問ではあります。
そもそも早川もそうでしたが東京六大学で大丈夫かよと、早川、鈴木、木澤と1巡目に3人もいますのでプロの評価を信じるしかありません。

さて2巡目はどうなるか、指名順が遅いので誰が残っているかです。
外れ入札の鈴木が報道どおりでしたからそうなれば二遊間の牧(中大)、元山(東北福祉大)が残っていればそちらにいくのかに注目です。
残っていなかったらどうするんだろう、育成枠で多めに獲るとのことですから支配下では即戦力重視で大学生、社会人でいくのかもしれません。
そうなるとかなり契約金などで資金が必要ですから、5人という人数もそのあたりが理由なのか・・・

さあ、2巡目です。
オリックスは元(中京)、ヤクルトは山野(東北福祉大)、日本ハムは五十幡(中大)、広島は森浦(天理大)、楽天は高田(法大)、DeNAは牧(中大)、西武は佐々木(NTT東日本)、阪神は伊藤(JR東日本)です。

ロッテの2巡目は中森俊介(明石商)!

投手できましたね。
中森はロッテがかなり高く評価をしているとの話がありましたから、いいところではないかと思います。

中日は森(日体大)、ソフトバンクは笹川(横浜商)、巨人は山﨑(東海大)です。
山﨑が2巡目ってのは思っていたより早かった、原監督との繋がりから直前にプロ志望届を出したのは出来レースということなのでしょう。
これほど上位に高校生が少ないドラフトもあまり記憶に無く、やはり成長度合いが確認しづらかったのが影響をしたのか・・・

続いて3巡目です。
巨人は中山(中京大中京)、ソフトバンクは牧原(日大藤沢)、中日は土田(近江)です。

ロッテの3巡目は小川龍成(国学院大)!

うー、小柄な左打ちの内野手ってニーズあるんでしたっけ。
守備がプロ級との評価らしいですがどうもピンとこないのが正直なところで、右打ちの野手がもういないのか、元山よりも評価が高かったのか。
次は右の外野手を獲って欲しいなぁ、絶対に。

阪神は佐藤(上武大)、西武は山村(東海大相模)、DeNAは松本(横浜)、楽天は藤井(ENEOS)、広島は大道(八戸学院大)、日本ハムは古川(上武大)、ヤクルトは内山(星稜)、オリックスは来田(明石商)です。
前評判の高かった選手で名前が出てこない選手がここそこに、このあたりがプロと素人との評価の違いなのでしょう。
オリックスは高校生ばかり、ドラフトフリークには高評価になりそうですが最下位のチームがそれでいいのかとの指摘がありそう。

立て続けに4巡目に入ります。
オリックスは中川(立大)、ヤクルトは元山(東北福祉大)、日本ハムは細川(智弁和歌山)、広島は小林(智弁和歌山)、楽天は内間(亜大)、DeNAは小深田(履正社)、西武は若林(駒大)、阪神は栄枝(立命大)です。
上位指名とも言われていた小林や小深田がここまで残っているとは意外、3巡目の来田もそうですが分からないものですなぁ。
オリックスとは逆に楽天は徹底した即戦力指名で、早川の抽選勝ちで100点にどれだけプラスされるのか。
そう言えばメジャー帰りのあの人の名前が出てきませんな。

ロッテの4巡目は河村説人(星槎道都大)!

また投手か、190センチオーバーは面白いですが野手は大丈夫なのか。
右の外野手、捕手を支配下で獲ってくれそうな気配がありません。

中日は福島(倉敷工)、ソフトバンクは川原田(青森山田)、巨人は伊藤(三菱パワー)です。
下や高田などの高校生左腕が残ってるところにどこが特攻するのか。

そろそろ選択終了をするところが出てきそうな5巡目です。
巨人は秋広(二松学舎大付)、ソフトバンクは田上(履正社)、中日は加藤(帝京大可児)です。

ロッテの5巡目は西川僚祐(東海大相模)!

西川キター!
かなり評価を落としてのこの巡目ですがすんなり入団してくれると嬉しい、東海大があの騒動で進学がしづらいのが追い風になるか。
やっと右の外野手ですっごく嬉しいです。
うー、5人の予定だと捕手は支配下で獲るつもりが無いのか、もう一人、捕手を獲ろうよ。

どうやら来季35歳ともしかしたら拒否されるかもということでメジャー帰りのあいつは敬遠されている模様。
楽天、ソフトバンク、巨人あたりなら下位でも札束でってパターンがあるのかどうか。

阪神は村上(東洋大)、西武は大曲(福岡大準硬式)、DeNAは池谷(ヤマハ)、楽天は入江(仙台育英)、広島は行木(IL徳島)、日本ハムは根本(苫小牧中央)、ヤクルトは並木(獨協大)、オリックスは中川(豊橋中央)です。
村上がここまで残っているとは、高校ナンバーワン左腕の評もあった高田の名前もまだ呼ばれていません。

さすがに終わるところが出てくるであろう6巡目です。
オリックスは阿部(日本生命)、ヤクルトは嘉手刈(日本航空石川)、日本ハムは今川(JFE東日本)、広島は矢野(亜大)、楽天は内(履正社)、DeNAは高田(静岡商)、西武はタイシンガーブランドン大河(東農大北海道オホーツク)、阪神は中野(三菱自動車岡崎)です。
おー、今川がここまで残っていた、すっかり忘れてました。
そしてやっと高田の名前が、名前だけを見ればDeNAはかなりいい指名をしたとマスコミは持ち上げそう。

ロッテの6巡目は無し!

ロッテがいの一番で降りました。
予想どおりと言えば予想どおり、思い切った血の入れ替えは無いようです。

中日は三好(JFE西日本)、ソフトバンクは選択終了、巨人は山本(中京大)です。
ソフトバンクもここで降りたということは例によって育成枠で獲りまくるのでしょう、ロッテもどこまで挑むかが楽しみです。

こうなったら早く終わって欲しい7巡目です。
巨人は萩原(創価大)、中日は選択終了、阪神は高寺(上田西)、西武は仲三河(大阪桐蔭)、DeNAは選択終了、楽天は選択終了、広島は選択終了、日本ハムは選択終了、ヤクルトは選択終了、オリックスは選択終了です。

どこまで続くのか8巡目です。
西武は選択終了、阪神は石井(IL高知)、巨人は選択終了です。

さすがに終わるだろう9巡目です。
阪神は選択終了です。
これで支配下での指名が全て終わりました、さあ、育成枠の指名に入ります。

育成枠でもとの佐藤(慶大)は早い者勝ちになりそう、入団するかどうかはさておき捕手が欲しいので二俣(磐田東)や関本(履正社)あるいは古田(成田)に特攻してもらいたく、そう言えば度会(横浜)や宇田川(仙台大)も残っている意外、川瀬(大分商)、西野(大阪桐蔭)、鵜沼(東海大相模)、小郷(東海大)などを根こそぎソフトバンクや巨人、楽天が持っていきそうな予感があります。

まずは育成枠1巡目です。
オリックスは川瀬(大分商)、ヤクルトは下(健大高崎)、日本ハムは松本(花巻東)、広島は二俣(磐田東)、楽天は石田(BC栃木)、DeNAは石川(法大)、西武は赤上(東北公益文科大)、阪神は岩田(九州産大)です。

ロッテの育成枠1巡目は谷川唯人(立正大淞南)!

やっと捕手がきました。
これで捕手に唯人が二人、先輩の唯人は生き残れるのかしら。

中日は近藤(札幌学院大)、ソフトバンクは佐藤(慶大)、巨人は岡本(米子東)です。
全球団が育成に参加はもしかしたら初めてかも、佐藤が意外に不人気は待てるソフトバンクが持っていきました。

育成枠2巡目が続きます。
巨人は喜多(京都先端科学大)、ソフトバンクは中道(八戸学院大)、中日は上田(享栄)です。
なんか聞いたことのない単科大学っぽいところの選手が今年は指名されていて、地方大学とともに一つの流れなのかもしれません。

ロッテの育成枠2巡目は小沼健太(BC茨城)!

190センチに近い右投手です。
東総工は地元出身の高卒4年目なので大卒と同じですね。

阪神は選択終了、西武は長谷川(敦賀気比)、DeNAは加藤(横浜隼人)、楽天は選択終了、広島は選択終了、日本ハムは斎藤(東京情報大)、ヤクルトは赤羽(BC信濃)、オリックスは辻垣(学法福島)です。
楽天が意外にも早めに手仕舞いました。
そして日本ハムにまたしても斎藤が加入、もっともハンカチは今季限りの可能性が高いです。

そろそろ離脱が増えそうな育成3巡目です。
オリックスは宇田川(仙台大)、ヤクルトは松井(BC信濃)、日本ハムは選択終了、DeNAは選択終了、西武は宮本(名古屋学院大)です。
名前だけだとオリックスは川瀬、宇田川といいところをかっさらいました。

ロッテの育成枠3巡目は山本大斗(開星)!

二人目の右の外野手です。
山口、西川とともに右をアピールして藤原、和田にプレッシャーをかけてもらいたいです。

中日は松木平(精華)、ソフトバンクは桑原(神村学園)、巨人は笠島(敦賀気比)です。

育成枠4巡目に続きます。
巨人は木下(横浜)、ソフトバンクは早(京都国際)、中日は選択終了です。

ロッテの育成枠4巡目は佐藤奨真(専大)!

投手が意外に多い、これは戦力外の顔ぶれに影響を与えるのかしら。
そんなに左腕が必要とも思えない、と言いますか、獲るなら高校生じゃないのかなぁ。

西武は豆田(浦和実)、ヤクルトは丸山(西日本工大)、オリックスは釣(京都国際)です。

さあ育成枠5巡目です。
オリックスは佐野(仙台大)、ヤクルトは選択終了、西武は水上(四国学院大)です。
オリックスは宇田川確保のための佐野、という気がしないでもなく。

ロッテの育成枠5巡目は無し!

もっと獲ろうよ、たくさん獲るって言ったじゃん、野手が足りないよ~
捕手、内野手、外野手をそれぞれもう一人でも欲しかったです。

ソフトバンクは緒方(駒大)、巨人は前田(駒大)です。

もうどうでもよくなった育成枠6巡目です。
巨人は坂本(唐津商)、ソフトバンクは居谷(明豊)、西武は選択終了、オリックスは古長(BC福島)です。
阿部の笑いからするとネタのような気が、田中幸雄のように坂本勇と坂本人にするのか話題になりそう。

どこまで続く育成枠7巡目です。
オリックスは選択終了、ソフトバンクは大城(宜野座)、巨人は戸田(IL戸田)です。

いつものマッチレース、育成枠8巡目です。
巨人は阿部(札幌大谷)、ソフトバンクは中村(東京農大北海道オホーツク)です。

羨ましくなる育成枠9巡目です。
ソフトバンクは選択終了、巨人は奈良木(筑波大)です。

独り旅が続く育成枠10巡目です。
巨人は山崎(福山大)です。

人数制限て無いんだっけ、育成枠11巡目です。
巨人は保科(創価大)です。

いくら三軍があっても獲りすぎでは、育成枠12巡目です。
巨人は加藤(東海大海洋学部)です。

どこまでいくの、育成枠13巡目です。
巨人は選択終了です。

これで今年のドラフトの全てが終わりました。
いわゆるマスコミが持ち上げて前評判の高かった主立ったところでの指名漏れは佐々木(ノースアジア大明桜)、関本(履正社)、度会(横浜)、西野(大阪桐蔭)、小郷(東海大)、小野(ホンダ)、前川(BC新潟)、そして田澤(BC埼玉)です。
田澤はさすがに来季に35歳となれば上位指名はできず、下位指名であれば拒否される、まさか育成枠というわけにもいかず、といったところなのでしょう。
田澤ルールが直前に廃止をされて指名ムードが盛り上がっていただけに、上原が強く推していて指名が当然みたいな流れだっただけに本人はかなりな屈辱ではないかと、下位でも巨人やソフトバンクならという感じもありましたがそれでも手を出さなかったのが田澤の現実、こればっかりは仕方がありません。

日付が変わるぐらいに総括と言うほどでもありませんがロッテの指名をまとめますので、よろしくお付き合いいただければ幸いです。
お疲れ様でした。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村