あれこれ凝縮

連投の益田への心配無用とばかりに、投打ともに悪いところがあれこれ凝縮した大敗です。
諦めずに応援を続けるロッテファンに後ろめたくはありながらも寒く、そして予報より早い雨雲の動きに栗原のツーランで席を立ちました。
球場に着いたらもうお立ち台だったなんてことはありましたが開始から観ていて四回途中のリタイアは自己最短かもしれず、この展開であれば和田が見られるかもしれないとも思いましたがきっと無いんだろうなと、そのとおりになりましたので乾いた笑いしかありません。
11点ビハインドの八回になってようやくバタバタと代えましたが荻野と中村奨にレアードはフル出場、早めに代えた加藤、エチェバリアはおそらく懲罰の意味合いが強かったのではないかと、明日は休みですので出ずっぱりの影響は小さいのでしょうしこの期に及べば最後まで諦めないにしても、何だかなぁ、です。
そしてまたしても田中将に打線の援護は無く山本の無双は今オフにポスティングで渡米してくれよと、もう1つも負けられません。

美馬背信

美馬が豪快に期待を裏切りました。
立ち上がりは三者凡退と順調でしたが二回にエラーをきっかけにガタガタと、7失点が自責ゼロも責任がゼロではありません。
そもそもエチェバリアのエラーにしても捕るところまではファインプレーでセンターに抜けていてもおかしくはない打球でしたし、無い物ねだりにしてもレアードに捕って欲しかった、それでも一死一塁でしかなく、そこからの怒濤の連打は美馬自身の問題です。
外一辺倒のリードを狙いすましたかのように逆方向への打球を量産されたのも見慣れた光景で、しかしダメと思えば首を振ってこそのベテランです。
ここのところ調子を上げてはいましたが2試合連続二桁失点を出すまでもなく炎上癖があるわけで交代機の遅れも否めず、まさか二回にと思っての準備不足が理由であれば過信、油断、怠慢でしょう、どのみち岩下も打たれましたし後続が一斗缶を背負って火に油は結果論でしかありません。
そしてここにきてのハーマンの抹消に打たれ続ける田中は第一次戦力外通告が来月5日までに延長されましたがそこではないにしても、第二次が待っています。
そんなこんなで柳田抜きの打線に20安打15失点、さらには柳町にプロ初アーチ、海野にプロ初ヒットを献上と工藤監督の花道に至れり尽くせりでした。

空砲三発

楽しめたのはマーティンの先制アーチまででした。
佐藤都、レアードの一発は試合が決まってからですので空砲となってしまい、10安打7得点が虚しすぎです。
なぜにまた千賀に角中、を吹っ飛ばすような試合展開でしたので秋のキーマン岡の3安打猛打賞などいいとこ探しをするしかなく、これまた虚しさが漂います。
この得点差ですから盗塁を記録できないにしてもライト佐藤都はあっても和田はベンチのままで、代打は打てなくても藤原優先もそういうものなのでしょう。
それでも久々の二桁安打を残り3試合に繋げたく、繋げるしかなく、最後の地元を消化試合にしないよう仙台で打ちまくってください。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
ソフトバンク 0 7 1 2 0 2 1 2 0 15 20 1
千葉ロッテ 1 0 0 0 2 0 1 2 1 7 10 1

◆10月25日(月) 千葉ロッテ−ソフトバンク25回戦(ソフトバンク12勝10敗3分、17時46分、ZOZOマリン、9,852人)
▽勝 千賀 13試合10勝3敗
▽敗 美馬 21試合6勝7敗
▽本塁打 マーティン27号(千賀)、柳町1号(岩下)、栗原21号(岩下)、中村晃8号(岩下)、佐藤都5号(石川)、レアード29号(甲斐野)

▽バッテリー
千葉ロッテ 美馬、岩下、東妻、田中、鈴木—加藤、佐藤都、柿沼
ソフトバンク 千賀、石川、甲斐野、板東—甲斐、海野、高谷

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村