隣の芝生は青い

いや、室内練習場の隣、もとい、正面の向かいのことです。
石垣島にキャンプを見に行った方はご存知ではないかと思いますがフェンスを挟んだ場所でサインをもらえるのでファンが多く集まるスポットになっていて、そこは土がむき出しになっているところが多くまたでこぼこしているのが常で、雨が降ると水浸しになってちょっとした池のようになってしまいます。
それが今年は公式Twitterのこれとかこれとか、茶色い地肌がほとんど無く平坦でもあり、そしてこれほど青々と茂っているのを見たことがありません。
これはキャンプ中に徐々に青さが失われるわけではありませんからファンが踏み荒らしてそうなってしまうわけではなく、そこも含めて公園のようになっていますので走り回ったりして遊んでいる地元の方も多く目にして、おそらくはこの一年間の自粛でそういったものが減ったことで自然を取り戻したのでしょう。
コロナが一日も早く収まって欲しいですし平常を取り戻したいですがそうなるとまた茶色くなるのもなんともかんとも、そこは微妙だったりもします。

澤村は渡米

そんなことぐらいしか国内にネタを見つけられない中で、澤村が渡米しました。
各紙ともメジャー移籍に向けての契約の詰めのためと報じていますが一面に持ってきたニッカンはロッテ残留との両天秤としているのが気にならないこともなく、またほんの数日前に河合オーナー代行兼球団社長がここにきて「ユニフォームは用意してある」とのラブコールを発したのが引っ掛かったりもします。
渡米を前に澤村から状況報告でもあったのか、菅野ほどハードルが高くはないでしょうがメジャーなら何でもありとまで這いつくばるつもりもないでしょうから残留に傾く可能性があるのであれば、ファンとしてはメジャーでの活躍を期待しますがもちろん残ってくれれば大歓迎です。
楽天が田中将を調査と最初に報じられたときはありえないと鼻で笑われたものでしたが、しかし今となってはそれが一つの伏線だったのかもしれません。
ロッテにそんな芸当ができるとも思えませんが、もし残留となれば件の発言はその道筋をつけたものだったと拍手を贈ることにします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村