石垣島は無観客

石垣島での春季キャンプが無観客で開催されることが決まりました。
観客の有無は球団ではなく自治体の懐に直結しますので最終的な判断は石垣市がしたものと思われますが、それも大半が千葉や東京など緊急事態宣言が発令されているところからの客足でしょうから医療体制に余裕があるわけでもないことからして仕方がない、妥当な対応だと考えます。
自分的にはサインなどのファンサービスが無くてもあまり見る機会が多くない二軍選手を中心に早い段階でチェックをしたかったので残念ですはありますが、取材陣や評論家にもPCR検査を義務づけるらしいのでファンへの対応が今後に変わるかもしれませんが阪神などのような抽選だったりメイン球場のみだったり、そういった中途半端な生煮えをされるぐらいであれば「行かない」ではなく「行けない」という状況の方がまだ諦めがついて好ましかったりもします。

それにしても異質

そんな各球団のキャンプは最長が阪神と広島の3月1日まででロッテを除いた最短が西武の2月21日です。
もうロッテの2月12日での打ち上げは異質としか言いようが無く、ただでさえ毎年のようにガス欠で今季も勝負の最終盤に黒星街道まっしぐらだったことへの反省も学習も無いのか、つまらない連携ミスやスタミナ不足を「やってもらわなければ困る」と選手に丸投げで何とかなると思っているようにしか見えません。
二軍は月末まで石垣島に残るようですが、アピールが必須な当落線上を除けば沖縄本島に渡りたくない選手も本音ベースでたくさんいそうな気がします。
12日間のうち初日はセレモニーのようなものがあるでしょうし最終日は例年どおりに午前で切り上げての移動ですから休日を二日としても実質9日間はキャンプと呼んでいいものなのか、呼べるものなのか、春季練習のような石垣島を経た実戦重視がどういう結果をもたらすかを球団には注視をお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村