絶叫と沈黙

これまでもシーズン序盤に大きく勝ち越しをしながらも終わってみればイーブンだったりひっくり返されたり、そんなオリックスを一気に寄り切ってカード勝ち越しを決めるとともにシーズンの勝ち越しも決めて、同一チームで貯金二桁は美味しすぎます。
オリックスは他の3チームには1つも借金が無いのにロッテとソフトバンクに二桁借金で最下位一人旅、シーズン中の監督交代も一瞬のカンフル剤にはなっても特効薬にはならないようで、明日はもちろんですが今後も取りこぼしをせず二桁を切ることなくオリックス銀行を大事にしたいものです。
余談ではありますがジャクソンがレッズとマイナー契約とは何とも複雑ですがそれが唐川に出番を与えたと思えばよし、また川崎の栃木入りのニュースに西岡がまだ未契約だったことを知り石垣島での扱いに気持ちが切れてしまったのかもしれません。
チーム内に目を向けてみれば今日も永野はベンチ外で仙台から大阪への車での移動はさすがに無理と帯同を諦めたのか、またスペ体質を露呈してしまった福田秀の右恥骨筋損傷は先日の足を広げての蟹ジャンプによる着地がきっかけであれば必然ではあり、出ずっぱりの挙げ句の腰痛であれば田村も然りです。

アリス伝説再び

またマーティンがやってくれました。
三回まで5三振パーフェクトに抑えられていた張奕は従兄の陽岱鋼にそっくりで笑ってしまいましたが、そのフォークの投げ損ないか高めのボールをぶっ叩いての豪快な逆転アーチはバファローズポンタまっしぐら、前日の二打席連発に勝るとも劣らない効果的な一発です。
打った瞬間にそこまで嬉しそうに張奕を絶賛していた実況が絶叫し、解説は放送事故かと思うぐらいに長い沈黙はなかなかに痛快でした。
左打者対策のはずの齋藤がビビってストライクが入らずに結局は申告敬遠がダメ押し点に繋がりましたし、アリス伝説再びです。
凡打でも強い打球を放っていた和田にヒットという結果が出たのも喜ばしく、調子を落とし気味でスタメンから外れることが増えてきた菅野がそれでもしっかりと振っての代打でヒットを放ち、またやっと一軍に呼ばれた加藤が最後の最後できれいにセンターに運び果敢な走塁も見せてくれました。
これらを受けて先日に土は付けたものの打ち崩したわけでもないアルバースにどういった布陣で臨むのか、一番加藤があってもよいでしょう。

二木ナイスピッ

二木はいきなり初回に失点も7回1失点のHQSで久々にらしいピッチングはストライク率が70.7%でコントロール抜群だったようにも報じられていますが実際は逆球も少なくはなく、それでもゾーンで勝負ができるのが二木の持ち味で無四球は張奕、齋藤と痛いところで歩かせたのとは対照的でもありました。
むしろまとまりすぎないのが二木のアドバンテージだったりもして、今日はそれでいてここぞで外角低めにピシャリとストレートが決まり、ボールゾーンに消えていくフォークのコントロールもまずまず、前回登板に続いての今日で上向いてきているとは次の登板でそう思わせてください。
キレは感じられましたがストレートにもう少し目に見えるスピードがあればカーブも活きるだろうと思うのですが力んでばらけるよりは今のスタイルで全体的なレベルアップを志向する方がよいのか、またテンポよく投げてこそ和田や中村奨の好守を引き出したのでしょうから引き続きそれでお願いします。
本人も悔しがっていましたし99球でしたので八回続投はありだと思いましたが種市の件があってか先発に八回は考えていないのかもしれず、しかしそこを唐川ではなく東妻、東條で乗り切ったのは大きい、東條にはヒヤヒヤさせられましたがこれぐらいの得点差でW東で乗り切れるようになれば素敵です。
気になるのはジョーンズへの攻めで腰の入らないスイングからして外勝負は正しく、しかし少しでも浮けば右方向にジャストミート、絞らせないために内を突けば痛烈に弾き返されて、外角低めに制御できる自信が無ければ勝負は避けた方がよいかもしれません。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 0 0 0 2 0 0 0 3 0 5 6 0
オリックス 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 7 0

◆8月29日(土) オリックス−千葉ロッテ14回戦(ロッテ12勝1敗1分、14時1分、京セラドーム大阪、4,851人)
▽勝 二木 6試合2勝2敗
▽敗 張奕 3試合1勝2敗
▽本塁打 マーティン17号(張奕)

▽バッテリー
千葉ロッテ 二木、東妻、東條—柿沼、田村
オリックス 張奕、齋藤、吉田凌、荒西—若月

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村