今年も融資よろしく

久しぶりにカード初戦を勝利しました。
難敵の山岡から5点リードで楽勝かと思いきや一発攻勢にヒヤヒヤしましたが、効果的な追加点での逃げ切りですのでいい勝ち方ではあります。
一昨年までとは違って全席指定で二階席に逃げるという選択肢が無くなったので身軽にしてレインスーツ、レインパンツで濡れながら観戦した甲斐がありました、昨季の6連戦スイープほどの派手さは無くもオリックスにはここまできっちりと融資をしてもらい今後もよろしく、もちろん返すつもりはありません。

石川が2被弾も要所を締める

石川が5安打に抑えるも2発を食らって4失点、それでも七回まで投げてくれましたので貴重な今季2勝目です。
立ち上がりにモヤシフトで救われてからはストレートには数字が乗っていませんでしたがコーナーをきっちり攻めてシンカーは低めに落ちてと危なげのないピッチングで四回までノーヒット、しかし得点差が開いたことで油断でもあったのか、五回に太田にシンカーかカーブかは分かりませんでしたが高めに浮いたボールを豪快に持っていかれて、七回にはラオウにも、そして紅林の飛球には本人も膝に手を置いたぐらいでしたのでこちらも生きた心地がしませんでした。
それでも先制を許さなかったことでの試合の主導権を常に握っての展開でしたから2併殺もあり要所を締めたと、山岡に投げ勝ったと胸を張ってください。
それにしてもラオウは5発目、太田の2発はいずれもロッテ戦とキラー育成に余念が無いのは困ったもので、あるいは紅林などを我慢して使っているオリックスは伏見や頓宮などもいますし凄い打線になりそう、怠慢走塁のジョーンズを見切ったときがその怖さが勝利に結びつき始めるのではないかと恐怖します。

井上、明日は序二段だ

山岡は縦のスライダーは見事でしたが度々に足元を気にするなど雨にやられたか、四死球が絡んでの連打もあり一気に攻略できました。
荻野がその縦のスライダーを狙っていたかのように上手くすくい上げての先制タイムリーツーベースに終わらず中村奨がしぶとく三遊間を抜いたのが効果的で、3球目のやはり縦スラが怪しいハーフスイングで止まったのが大きかったような、あそこが勝負の分かれ目だったように思います。
そしてお待ちかねのごっちゃし1号は井上らしいライトへの一発で、まだ仰け反り気味で力が入りすぎにも見えますが打球方向としてはいい感じです。
お立ち台では走者を進める意識でと語っていましたから常にその意識でいてくれればと、山口への対抗意識もプラスに働いてくれるでしょう。
またプルヒッターのレアードが外の低めをカットするようなスイングで右中間を破ったのはサイドハンドの比嘉で外勝負をしたオリックスとしては誤算以外の何ものでもなかったはず、チームを鼓舞する仕草が多いレアードですがセカンドベース上でのあの喜び方は格別なものがありました。
気になるのは今日もマルチヒットで止まらない角中がそのレアードのヒットでホームにスライディングをした際に左足の痛みを訴えたことで、ちょっとして立ち上がり走っていましたので大事ないとは思いますが先日の田村と同じく足からのそれで痛めるのは何なんだと、際どいプレーでは今日も中村奨はヘッスラでしたから普段から頭でのそれしか練習をしていないことでぎこちない動きになっているのでは疑惑を提示しておくことにします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
オリックス 0 0 0 0 3 0 1 0 1 5 8 1
千葉ロッテ 0 0 2 3 0 0 2 0 X 7 9 0

◆5月7日(金) 千葉ロッテ−オリックス7回戦(ロッテ4勝1敗2分、17時45分、ZOZOマリン、4,631人)
▽勝 石川 4試合2勝1敗
▽S 益田 16試合3敗7S
▽敗 山岡 7試合1勝3敗
▽本塁打 井上1号(山岡)、太田2号(石川)、杉本5号(石川)、6号(益田)

▽バッテリー
千葉ロッテ 石川、唐川、益田—佐藤都、柿沼
オリックス 山岡、阿部、山田、比嘉、金田—伏見

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村