荻野は残留

荻野の残留が決まりました。
本人の言葉は名も無き近しい関係者によるものしか伝えられていませんが、各紙が一斉に報じているので確かなソースによるものなのでしょう。
来月13日に仲良しの清田とともに井口監督の牙城であるPAMSでオンラインファンミーティングを開催することからして熟考をしていたにしてもとっくに結論を出していたのでしょう、そうなれば同じく熟考と報じられた清田の決着もそう遠くないものと思われます。
まだ具体的な待遇については不明ですが2年2億という響きがよさそうな、ただ自分は9000万と査定しましたし複数年契約ということで2年1億7000万プラス出来高ぐらいかもしれず、このあたりの数字は唐川らにも影響をしますので全てが終わるまでハッキリとはしないかもしれません。
何にせよFA権を行使してのものではなくとも来季に36歳とい年齢からすれば生涯ロッテがほぼ決まったのは喜ばしく、藤原ら若手の台頭が著しいですがその若手の壁であり続けて、むしろ若さのエキスを吸収するようにはつらつとした40代を目指して頑張ってください。

なるようにしかならない

そんな今日に来季の契約保留選手名簿の公示がされて、ロッテからはハーマンと陳偉殷が外れました。
陳偉殷などはその前日から阪神が触手と話題になっていますから条件闘争になっているのでしょう、ハーマンは年齢を考えれば無風かと思いきやこの展開はその年齢で足元を見る球団と前年から大幅カットをされたハーマンの昇給要求とのせめぎ合いなのか、なるようにしからないと思うしかありません。
他球団でもムーア、バンデンハーク、ロメロ、ギャレット、スアレスなどそれなりの名前が並んでメジャーも含めた争奪戦になるケースも出てきそうです。
気になるのは戦力外通告が報じられないままに契約保留選手名簿から漏れて自由契約となった村田で、戦力外通告の期間が既に終わってのこれは本人からの申し出によるもののようで、そうなればなし崩しで来季が約束をされた鳥谷、枠の関係から考え直したいフローレスの翻意を待つことにします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村