珍しさいっぱい

ゲリラ雷雨と分かっているからこそ開始時間を遅らせての今日は「中止にすればよかったのに」「中止でなくてよかった」と心が右往左往する4時間弱でした。
そんな試合はビジターでは昨季にもありましたがZOZOマリンでは10年ぶりの1イニング3発はいずれもスタンドインですから掛け値なし、さらには清宮、横尾、渡辺、中島と内野陣総出でミスのオンパレードは自責点がゼロで金子が負け投手になるなど、今日は珍しさいっぱいでした。
カード初戦と同じく相手に勝たせてもらったようなところはありますが勝ちは勝ち、前半の勝ち越しを決めて一気に乗らなければ嘘でしょう。
ただ石川vs北浦とはフラグが立っているようにしか思えないのはロッテファンの性なのか、そろそろ悪い予感が外れる戦いぶりを見てみたいものです。

1試合3発だって珍しいのに

10年前のそれは井口、金泰均、サブローとは全く覚えていませんが、さらに大松が二発で大勝はやはり日本ハムが相手でした。
しかし今日はまたしても左腕に苦しめられての重苦しい展開で、明日も今季初登板初先発のやはり左腕の北浦とは日本ハムらしい起用ではあります。
その左腕に対して岡を外しての菅野、は妥当ながらも角中の代わりに福田秀をしかも核弾頭とは対左腕の打率を見てのものであればこれも正しいのでしょう、相変わらずの外低めはからっきしですが失投を叩けるようにはなってきましたのでこれがきっかけになってくれればと願います。
そんな対左腕としては役に立ちませんでしたが諦めない走塁と賛成はできかねますがヘッドスライディングの清田、巧さを見せたタイムリーの菅野、勝利を決定づけた代打タイムリーの佐藤など、マーティンを除けば荻野が戻ってくるまでは外野とDHをサバイバルとしなければ嘘でしょう。
それにしても左腕を苦手にするのは右打者が力不足なのか左打者の慣れが足りないのか、ストレートに差し込まれてカーブにタイミングを狂わされて、データ不足のルーキーが相手ということがあるにせよ的を絞り切れていないように見えますのでそれは北浦にも通ずるわけですから的場コーチの出番です。
柿沼から岩下を奪い取った田村はリードとしてはさほどに目の付くところも無く相性が上々とも思えませんでしたが、しかし率は上がらずもいいところでヒットが出ていることが背を押しているような、今日も先制タイムリーと追い上げの口火を切る一発は効果的でした。
茶谷の打席が召し上げられたのは残念でしたが代わりの佐藤が結果を出し、それも藤岡への代打があってこそですから何度裏切られても今後の変化を期待したくもなりますが、しかし西巻ではなく足が動いていないショート鳥谷を見てしまえば消費税と同じく井口税の減税は夢のまた夢です。

フローレスがNPB初勝利

岩下はボールが高めに、とは井口監督の指摘でしたが、あんなものでしょう。
その高めでも押し込めるところが岩下の持ち味でもあり、低めに完全に外れるボールが多かったことでそのストレートがやや少なめになったのが裏目にもなったような、最後は三振を奪いましたが実況によればプロ通算で10打席7安打3四球の近藤を意識しすぎたのも足を引っ張りました。
そういう意味では内、高めを強気に要求する柿沼の方がまだ合っているように思えたりもして、また今季最多の104球はそれはそれで積み上げではあります。
ビハインドではありますがまだ1点差での六回に永野は左打者が続くにしても大胆、七回も唐川ではなくフローレスも次に繋がります。
そのフローレスはクリーンアップを相手に前回と同じくやや高めでしたが力のあるボールでねじ伏せての三者凡退は先発のときとは力の入れ具合が違うのか、期待をしていた低めを丁寧にではありませんでしたがNPB初勝利をバネにぐっと存在感を高めて欲しいです。
それにしてもあのヒーインは何とかならないものなのか、インタビュアーが考えているのか誰ぞから渡されたものかは分かりませんがあまりにチープでした。
最後は中田の一発で同点、というヒヤヒヤする場面での三球三振に日本ハムファンはガッカリだったでしょう、益田にもいいガス抜きだったと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本ハム 0 0 2 0 3 0 0 0 1 6 9 2
千葉ロッテ 0 1 0 0 3 1 3 0 X 8 10 0

◆8月13日(木) 千葉ロッテ−日本ハム9回戦(ロッテ5勝4敗、18時10分、ZOZOマリン、4,990人)
▽勝 フローレス 3試合1勝1敗
▽S 益田 22試合1勝2敗14S
▽敗 金子 17試合1勝1敗
▽本塁打 横尾2号(岩下)、田村1号(河野)、福田秀2号(河野)、マーティン13号(河野)

▽バッテリー
千葉ロッテ 岩下、永野、フローレス、ハーマン、益田—田村
日本ハム 河野、井口、玉井、金子、福田—宇佐見、石川亮

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村