三位一体で乗り切ろう

自分などは毎日が日曜日ですのでGWも何もないのですが、たまたま一軍も二軍も日本ハムとのカードが組まれていたことでの延期や中止にGWでの観戦を楽しみにしていて残念に思う方も多いのではないかと、家族連れの予定であれば今さらに予定変更も大変そうで、コロナも罪作りです。
ロッテも昨季にありましたので他人事ではなく、ただロッテの一軍戦は延期をしなかったので今回のそれとの差をいぶかる向きもあるでしょう。
おそらくはそれぞれの自治体の保健所の判断の違いによるものではないかと、クラスター認定すらしなかった千葉市に対して活動自粛を提案した札幌市、その時々の状況にもよるでしょうから正しい正しくないかを一概に評価はできず、そういうものだと受け止めるしかありません。
たかが4人を欠いただけでチーム編成ができないのかと二軍戦の中止に落胆をしましたがさらなる広がりがありましたので初動としては正解だったと思われ、一軍も試合をやってそれによりロッテも巻き込んでの拡大があればNPBとしては致命傷になりかねず、いずれも無難なところではあります。

興行への打算もあったのか

もっとも5000人と上限が下げられたGWですので例えそれが平日への延期であっても上限が上がったタイミングであれば興行的にはむしろプラスに働くかもしれないとの打算もあったような、緊急事態宣言により巨人とヤクルトが何試合かを延期したのも同じ理由だと思われ背に腹は代えられないのでしょう。
一方で札幌市長は札幌ドームでの開催を「止める状況にない」とコメントしていて、その札幌ドームで開催される予定の7日からの試合に対する保健所の判断にも影響を及ぼすようであれば上の思惑に忖度する東京五輪と似た構図なのか、そして飲食店に自粛を要請しながらも5日には五輪のマラソンテストを実施するとのことで、沿道での観戦自粛を求めて密になれば自粛に応じなかった市民のせい、まるで聖火リレーのそれを見るかのようです。

より一層の対策と引き締めを

横道に逸れましたが苦労して確保したチケットが無駄になるのは虚しく、今日もやっとのことで対広島、対巨人のそれをゲットしただけになおさらです。
観戦はそうでないのかとの突っ込みはあるでしょうがそれ以外の不要不急の外出は控えていますし日々の検温も欠かさず、そんないろいろと不自由や手間はありますがやることはやって悔いは残したくないわけで、同様に現場はもちろんのこと球団にもより一層の対策と引き締めをお願いしたいです。
清田のコロナ不倫は論外ですが岩下もカラオケに興じていたとの話もありましたし、37.8度の熱があった西川は球場に来る前に検温をしたり自覚症状は無かったのか、またZOZOマリンのビールの売り子はマスクにフェイスガードをしてはいますが客との世間話はこれまでと変わっていません。
東京五輪への波及を恐れる政府がそれを指示する可能性は低いですがこれ以上に各球団の感染が広がればペナントレースの一時中断、最悪は打ち切りへの世論にもなりかねず、そうなれば経営が傾くところが出てくるとはロッテが有力なだけに、ファンと現場と球団の三位一体の対策で乗り切っていきましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村