デジャブにはならず

初回に失点をして中盤でひっくり返すも追いすがられて終盤に四球でピンチを迎える、昨日に見た光景が脳裏をよぎったロッテファンは多かったでしょう。
ここでやられていたら日本ハムの勢いはとどまるところを知らずに一気に押し込まれてもおかしくはなかっただけに、前半戦の勝ち越しはかなり大きいです。
五回に先頭の中村奨が歩くも安田が併殺を食らってそこからの逆転劇を誰が予想できたか、1割コンビの連打と荻野の四球で満塁にマーティンが一二塁間を抜いて同点、菅野が逆転打と一気呵成は菅野がはまったからではありますが考えもしなかった二番マーティンは出塁率の高い荻野を活かすにナイスな判断でした。
守りと同じく足もメジャー時代とは別人のマーティンが走ったのにも驚き、守りでも初回にはスライスしていく打球を捕れなければもっと酷い立ち上がりになったかもしれず、ムラがあるのは気分屋のカリビアンなんてステレオタイプなことを言うつもりはありませんが後半戦もこのノリでお願いします。
一方でベンチもさすがに我慢をしきれなくなったのかサードから外されたレアードは守りの負担が軽くなればの期待を裏切る外のボールにすっからかんです。
たまたま転がったところが、のヒットはありましたが荻野から菅野までの流れがいいだけにこのブレーキがしんどく、しかし左でも右でも仰け反る井上の調子がいいとも思えませんので四番に据え続けて待つしかないのか、タレント不足、経験不足を嘆くしかありません。
代わってサードを守った安田は正面の打球で余裕があるのにあのスローイングには井上も驚いたでしょう、近藤の三遊間への打球にあそこまでグラブが届かない足捌きも相変わらずで投手の負担は変わらなそう、ただ本人はやたらに嬉しそうに守っているので打撃への影響は気にすることもないでしょう。
その打撃は左肘を上下するタイミングの取り方を止めてからバットがスムーズに出るようになり、ラッキーな左腕からの今季初ヒットで勢いを付けたいです。
凡ゴロでも全力疾走は無駄に疲れるだけなど異論もあるでしょうが見ていて清々しく、その気持ちを忘れることなく野球を存分に楽しんでください。

岩下は開幕3連勝でチーム勝ち頭、と言うほどに調子が良かったとは思いませんし日本ハムが相手というかさ上げもあり、それでも粘りきりました
お約束のような初回の失点以降も落ちるボールを制御できずに四苦八苦での5回104球は先発としての役割を果たせたとは言い難く、本人も反省しきりです。
それでも崩れなかったのは成長の証でしょうし、力強いストレートも昨季のままですので次でキャリアハイにリーチといきましょう。
気になるのは柿沼のリードでそこそこ内を使ってはいましたがそれは打ち取るためではなく外への布石に見えて、ちょっと物足りなさを感じました。
前日の小島であればそれもいいですがねじ伏せるだけの球威のある岩下ですからもう少し攻め込む気持ちが欲しく、まだ田村を抜いたわけではありません。
石崎、小野の四球も攻めた結果には思えず、そして益田の三者凡退に喜びつつまだ信じ切れない自分をごめんなさい、週明けには違う自分でありたいです。
そして前日の一発に続いて先制タイムリーのビヤヌエバが五回の満塁のチャンスに三振、試合を決める4点目をエラーで献上し最後の打者になった流れが後半戦のキーポイントになると信じて、有原を下せば一気もありますので石川には前回を繰り返さずに初回失点の連鎖を断ち切る立ち上がりをお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 0 0 0 0 3 1 0 0 0 4 10 0
日本ハム 2 0 0 0 0 1 0 0 0 3 9 1

◆7月16日(木) 日本ハム−千葉ロッテ3回戦(ロッテ2勝1敗、18時、札幌ドーム、2,548人)
▽勝 岩下 3試合3勝
▽S 益田 11試合1敗7S
▽敗 バーヘイゲン 4試合1勝1敗
▽本塁打 清宮3号(田中)

▽バッテリー
千葉ロッテ 岩下、田中、石崎、小野、益田—柿沼、田村
日本ハム バーヘイゲン、福田、井口、玉井、宮西、公文—宇佐見、石川亮

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村