香月に幸あれ

香月と澤村とのトレードが発表されました。
そもそもシーズン中のトレードがあるとは思っていませんでしたし、それが香月でかつ相手が澤村ともなれば世間が騒ぐのも当然でしょう。
楽天とのそれなどやたら動いている巨人ですがこれまでは高田ら若手を放出して一軍での戦力としてウィーラーらを獲ってきたのと今回は真逆ですからロッテからのアプローチに巨人が応じたという経緯なのか、やや持て余していた感も見えましたのでもしそうであれば渡りに舟だったのかもしれません。
また香月の年俸が650万に対して澤村の1億5400万はかなりの出費ですし外国人選手を除けば益田に次ぐチーム二番目、あるいは巨人の思惑によってはメジャーのように年俸の一部負担があったりもするのかもしれませんが、いずれにしても思い切った補強ですし今季に賭けるその姿勢は喜ばしくもあります。
気になるとすればこれで日本人選手の年俸は益田、澤村、石川、角中、荻野、松永、中村奨、西野、田村、美馬、唐川となるはずですので唐川が11番目でFA移籍に伴う補償が不要なCランクとなってしまったことで、これは報道されている金額が正しくまたFA移籍の一年目は現状維持で特例を利用せず、かつランク付けに出来高を含まない前提でのものですが、唐川にとっては今後に向けて大きなモチベーションになる一方で球団としてはやきもきすることになりそうです。
ちなみにこの順序であれば既にFA権を取得している澤村はAランクですので、その年俸と併せてハードルが高くなりますからあまり心配はしていません。

チャンスは無限大

報知が「パンチ力のある左打者の層を厚くしたい」と巨人の補強ポイントを伝えていますが、取って付けた感は否めません。
申し訳ないながらも香月が一軍として東京ドームでプレーをする姿がなかなかに思い描けないのが正直なところで、それでも少なくとも井口ロッテであり続ける限りはそのチャンスはゼロだったでしょうから香月にとっては前向きになれるトレードではないかと思います。
本来であれば高卒6年目の24歳、昨季に念願のプロ初アーチを放った香月は今季に大きく羽ばたくための大事なシーズンでしたが、左打者がやたら多い歪な編成に飲み込まれる中でその同じ左打者で大阪桐蔭では三遊間を組んだ後輩の福田光に先を越されるなど不遇を託ってきました。
首位打者争いをしていた加藤ですら福田秀の故障離脱でようやく一軍に呼んでもらえたことからして、リーグ10位の5発と長打力を見せながらも香月はほぼ絶望に浸っていたのではないかと、そうなればもし巨人での可能性が限りなくゼロに近くあってもその未来は無限大に広がっていることにもなります。
上手くはありませんがセカンドを守れるのも巨人の現状を考えればアドバンテージになるでしょう、鈴木大に続いて見返す気持ちで頑張ってください。

いらっしゃい澤村

一方で澤村は「リリーフ陣の強化」とロッテからすれば分かりやすい補強です。
唐川、ハーマン、益田の勝利の方程式は堅調ですがまだシーズンも半分を折り返してちょっとでしかありませんし、それに次ぐ存在が東條、東妻、小野あたりとなると心許ないのが実際のところで、ここに実績のある澤村が入ってくればブルペンもかなり楽になるでしょう。
かつての栄光から右肩下がり、と言うほどでもなく昨季も43試合で防御率2.61ですから問題なく、ただそれでいて今季は6点台まで防御率を落として二軍はおろか三軍とは何があったのかが不安ではあり、またリーグ間の実力差が引っ掛からないわけでもありません。
それでも哀しいかな井口ロッテでは戦力になり得ない香月とのトレードであれば失うものはあまり大きくありませんので復活すればラッキーぐらいでよいかと、井口監督の「力強いスピードボールで打者を抑え込むピッチャー。今までのウチにはあまりいないタイプ」に現状認識は大丈夫かよとの突っ込みはさておき吉井コーチが上手く使ってくれるだろうとまずは二軍での試運転、そして一軍でのデビューを楽しみに、田中の穴を埋めてくれると助かります。
早々に68と決まった香月とは違って新背番号が未定の澤村は若い番号が空いていないため佐々木千から「故障がちだから」と荻野と同じような理由を付けて11を奪うのか、あるいは平沢にまさかの9を与えることで13を背負わせるのか、他の番号であれ平沢が変わるのであればオフのトレード候補とは完全な余談です。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村