惨敗で始まる

練習試合ですから勝ち負けにこだわることもないのですが、投打ともに見るべきところが多くない今季の初戦でした。
しかも相手が昨季にこけにされた楽天で、かつ石井GM兼監督の初陣だけに文字どおりにその引き立て役になってしまい、さらにはすっかりと存在感が薄れている重光ジュニアとは対照的に三木谷オーナーが来島しての御前試合だっただけになおさらです。
投打ともに一軍当落線上の選手がボロボロやらかしたのもベンチとしては分かりやすくはあるも腹立たしいでしょう、明日はやり返しをお願いします。

構えたところに投げられない

先発の中村稔は2回パーフェクトで本人は「コントロールがよかった」とコメントをしていますが、そうとは思えませんでした。
そもそも内への配球が少なかった佐藤都ではありましたがその内に投げきれず、左打者へは高めに抜けて、右打者には真ん中に入って怖さ抜群です。
どうやら井口監督は先発として考えているようですが次もこのぐらいであれば厳しい、もう少しストレートにスピードも欲しかったです。
そして石崎、山本大、東妻、成田ととにかく捕手が構えたところに投げられずに逆球のオンパレード、は力強いボールであればまだいいのですが置きにいったようなボールですらそうですから根本的に問題がありそうで、期待をしている山本大はとにかく抜け球が多すぎてあれではリードのしようが無いでしょう。
もっともスタメンマスクで捕手としてのアピールをしたかった佐藤都のリードにも特徴が感じられず、石崎に対して真ん中低めにストレートを要求した意図が知りたかったりもして、外中心で内を上手く使えているようにも見えませんでしたし、投手があんなだったにしてもちょっとガッカリでした。

藤原の肩が心配

打線も例年どおりに開幕までは元気な岡が代打で走者一掃の3点タイムリーツーベースを放って零封こそ逃れましたが、全体的に振れていません。
松中塾の藤原、安田、詰まりながらも山口がそれぞれヒットを放ったのは喜ばしくも、貧打解消に向けての底上げには時間がかかりそうです。
それよりも気になったのは守備の乱れで、時折に強く降るなどしたコンディションではありながらもシーズン中にはままある程度のものでしかないので言い訳にはできず、福田光の落球は論外ですし捕るところまではよくも悪送球はいつもの藤岡、和田も追い方が中途半端で蹴躓く始末です。
そして藤原の肩がやばそうな、深いところへの打球が多かったですがカットマンにすら届かないケースもあり、持病にもなっている左肩関節唇痛の影響でなければいいのですがまるで晩年の伊志嶺を見るかのようで、あれがベストの状態でのものであればセンターを任せるのはしんどいかもしれません。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3 7 2
楽天 0 0 0 3 3 1 1 0 X 8 11 0

◆2月13日(土) 楽天−千葉ロッテ1回戦(楽天1勝、13時、金武、0人)
▽勝 池田隆 1試合1勝
▽敗 石崎 1試合1敗

▽バッテリー
千葉ロッテ 中村稔、石崎、山本大、東妻、成田、南—佐藤都、柿沼
楽天 瀧中、池田隆、菅原、津留崎、引地、渡邊佑—田中貴、堀内

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村