小川は輝けるか

今日も清田への処分、松永の去就、そして春季キャンプ要綱の発表はありませんでした。
そんな中で報じられたのは新人自主トレで小川が体力測定の全項目でトップになったものぐらいで、相対評価なのでそれが凄いのかどうかもよく分からないとは一昨日に鈴木の12分間走が3位ながらも昨年の佐々木朗と全く同じ距離だったことが記事になるぐらいですから、よほどネタに欠いているのでしょう。
ちなみにこの12分間走でも小川がトップだったとのこと、小柄ですが瞬発力や持久力があるようですからそれをプレーに繋げられるよう期待したいです。

大学ナンバーワン

イースタン打率2位だった昨年の高部は大学ナンバーワン外野手との評が一部にありましたので、奇しくも同じ3巡目の小川もやはり大学ナンバーワン遊撃手との評は取って付けたようにも思えますが額面どおりであればその高部と同じく浦和のレギュラーは最低ノルマになります。
本人はレギュラーを目指してエチェバリアの映像をチェックするなど志は高いようで、「エチェバリアはまずショートで」「内野は全て競争」の井口監督の言葉は信用するに値しませんが新しもの好きではありますので小川にもそれなりのチャンスはあるでしょう。
打撃が課題ですがやはり守備と走塁に注目をされた小坂があれよあれよと打撃でもいい意味で予想を裏切る活躍でレギュラー奪取、そして新人王まで駆け上がりましたので打撃力に劣る左のショート、という申し訳ないながらも自分的にはぐっとこない小川のどんでん返しがあってくれよと願います。
ハッスルしすぎのオーバーワークで故障しないよう気を付けて、石垣島は無理そうなので初めてナマで見るのがZOZOマリンか鎌ケ谷か、楽しみにしています。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村