2021年通信簿 65 古谷拓郎

65 古谷拓郎 投手 21歳 年俸480万円

【2021年成績】 E 9試合 0勝1敗0S 防御率3.97 11回1/3 10被安打 0被本塁打 8与四球 1与死球 11奪三振

二木、種市に続く下位指名からの三年目の飛躍を誓った昨オフでしたが、プロ初勝利どころか一軍登板がゼロで終わりました。
これまでと同じく節目に先発を任される紅白戦を例によっての雨古谷で流してむしろ順調かと思いましたが、しかしその後に姿を消して沖縄本島組からも外れて、ようやく夏過ぎの復帰でしたから肩だったのか肘だったのか腰あたりかそれとも膝など下半身だったのか、どこであれ痛すぎる故障です。
そもそもプロ初登板がありながらも20万アップと渋かったところで同期の土居にガツンと抜かれて、先輩の池田の入団で習志野の名前まで持っていかれてしまいそう、その習志野の大先輩である福浦の1993年は立川、大塚、諸積、小野と大成功なドラフトでしたから、古谷の2018年もそれに負けないぐらいに藤原、東妻、小島、山口、中村稔、そして土居に置いていかれないよう、足踏みの鬱憤を晴らす来季であってもらいたいです。

石垣島で復活のアピールを

今季は見ることが無いままに終わるかと諦めかけていましたが、最後の最後に鎌ケ谷での先発に立ち会えました。
ピッチングとしては三回も保たずの5安打3四球5失点と散々でしたがどこかを庇っているような素振りが無かったのが喜ばしく、数字としても140キロ台半ばが出ていましたし、そのストレートがシュート回転するなどコントロールはばらばらでしたが制球に難のあるタイプではないので気にはなりません。
ただどこを痛めたのかは分からないですが微妙なズレ、バランスの崩れがあってのことかもしれず、石垣島でどういったピッチングができるかでしょう。
体調に問題さえ無ければまた早い段階で実戦登板のチャンスがあるでしょうから、朗希もいいけど古谷もいるよ、のアピールを楽しみにしています。

2019年通信簿
2020年通信簿

【オリオン村査定】 480万円 → 480万円 (±0%)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村