安田、挽回の一発

落球だったのか深追いの挙げ句の座り込みだったのか、逆転打だったのかサヨナラヒットだったのか、詳細は覚えていませんがやらかした堀がチャンスで打席に向かう際の死にそうな顔つきとお立ち台でにこりともしなかったその姿は強く記憶に残っています。
何でもないゴロをエラーして決定的にも思える失点のきっかけを作ってしまった安田がその姿に被り、挽回の同点スリーランで一塁ベースを回ったときのガッツポーズには震えましたし、実況が嬉しそうですと言っていましたがベンチに戻ってからも笑みを浮かべることなくずっと厳しい表情のままでした。
ミスは誰でもするものですが挽回のチャンスが巡ってくるとは限らず、その機会に恵まれた安田がしっかり取り返したのは何ものにも代え難い財産でしょう。
この打席で何を考え、何を成し遂げたのか、安田にはそれを噛みしめて今後の一打席、一打席を大事に四番の重責を果たしてもらいたいです。

五回が中途半端

その安田の一発で振り出しに戻した試合は引き分けに終わり、しかし山岡にしてやられただけに勝ちに等しく相手は違えど先日の悔しさを晴らした気分です。
ちょっと山岡には甘いんじゃないの、と僻んでしまうぐらいにコーナーにストレートがビシバシ決まり、チェンジアップでタイミングを外され、スライダーには空を切り、エラーで出した走者はゲッツーを食らい、攻略の糸口すら見えないぐらいに手玉に取られました。
それが理由か五回に連打での無死一二塁にここしかないと見極めたのか、昨季に2打数1安打、一昨年は10打数6安打と山岡との相性で今季初スタメンとなったのであろう、そして期待に応えてヒットを放った角中を早々に代走に代えて、田村にはスリーバントの指示を、それであれば藤原には代打でしょう。
藤原にも経験は積ませたくも思い切りのいいスイングがただの振り回しになって久しく、そこまで勝負を賭けたのであれば徹底して欲しかったです。
もちろん代えたとして菅野なりが打点を稼げたかどうかは分かりませんが、藤原もまた贔屓の引き倒しの渦中に引き込まれつつあります。

エース二木であれば

二木は味方の援護がありそうもない展開でも粘り強く7回で自責1ですのでナイスピッチングでした、勝ちを付けてあげたかったです。
立ち上がりはストライクとボールがはっきりとしていてどうなることかと思いましたが、七回を除けば失投は杉本への一球だけだったでしょう、数字は出ていませんでしたが質のいいストレートで詰まらせフォークを低めに集めて、走者を背負っても決定打を許しませんでした。
それだけに七回の失点がエラーが絡んだだけにもったいない、とはミスが出たときこそ抑えるのがエースですから、むしろバタバタしてしまったところにまだ頑張りの余地があると、そこを前向きに伸びしろと捉えてエースへの階段を上っていく二木を見守りたいと思います。
そして追いついた八回はハーマンも唐川も三連投になるので誰が投げるのかと思えば田中となったのは自分的には喜ばしく、できればピシャリと抑えて不遇から抜け出すきっかけとしてもらいたかったですが菅野の好守に感謝、そしてまだ思ったところに投げられていない益田はこれで今週は3試合に投げたので土日はどうするんだろう、吉井ルールを守るのであればギャンブルにはなりますが暫く投げていない佐々木千、土居での逃げ切りを見てみたいものです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3 7 1
オリックス 0 1 0 0 0 0 2 0 0 3 10 1

◆4月16日(金) オリックス−千葉ロッテ4回戦(1勝1敗2分、18時1分、京セラドーム大阪、5,242人)

▽本塁打 杉本2号(二木)、安田3号(漆原)

▽バッテリー
千葉ロッテ 二木、田中、益田—田村
オリックス 山岡、漆原、ヒギンス—頓宮、若月

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村