清田は病んでいる

清田に付ける薬は無いようです。
それまでも密かに球団施設で練習をしていたとの話もありますが、無期限謹慎を解かれて1日から大手を振っての二軍合流に12日にはスタメンでの出場、13日も代打で途中出場と順調に復帰に向けて歩んでいるかと思えばその13日以降は姿を消してどうしたのかと気にはなっていたのですが、三度目のやらかしです。
どうやらその13日の試合終了後にフライデーの突撃取材を受けたようで、それが球団の耳に届いてまた現場から隔離されたのでしょう。
奥様とは別の女性が運転する車に乗っていたとのことで、普通に考えれば清い付き合いのわけがありません。
「今後も反省の気持ちを忘れることなく自分を律し、チームの勝利に貢献していきたい」とは何だったのか、復帰が早すぎるとファンだけではなく各方面から批判を浴びていた中でのこれはやっぱりな、と思われても仕方がないですし、球団としても面目丸つぶれでしょう。

解雇はあるのか

今回も不倫という倫理的なもので法を犯して逮捕されたりしたわけではないので、それを理由に解雇するのは難しいのかもしれません。
しかし企業の社会的地位、名誉、信用等を傷つけて正常な業務運営を阻害し、損害を与えたとして解雇を有効と認めた判例もあります。
これが一度であればおそらく無理でしょうが発覚しただけで今回が三度目ですから、これに該当する可能性は高いとも考えられます。
そして取材に対して清田が「クビになる」と言っていたらしいので前回のときに球団と何らかの約束をしていたのかもしれず、それにしてはあまりに堂々たる不倫っぷりですが、もちろんそれを以て清田が不服を申し立てられないわけではないものの、圧倒的な不利は否めません。
あるいは球団が面倒ごとを避けて、二年契約のうちの幾ばくかは支払うという示談のような形で幕引きを図ることもありえます。
いずれにせよもう一軍で清田のプレーを見ることは無いでしょうし第二の人生で球界に関わる仕事をするのも困難となれば、茨の道が待っています。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村