楽天に勝てない

また楽天に負けました。
練習試合も含めて5試合が組まれていますがあっさりと3連敗で負け越しが決まり、いずれもフルメンバーではありませんがそこはお互い様ですし勝ち負けよりも内容が大事なこの時期ではありますが昨季に散々だっただけに、さすがに明日以降も負け続けると心配になってきます。
石井GM兼監督の薄ら笑いでの勝利者コメントなどは聞きたくもありませんから、気持ちで負けて入ることが無いようそろそろ勝ちにこだわりたいです。

地元開幕は小島

石川が開幕に間に合わず、地元開幕が小島にほぼ決まりました。
ここまできっちりと抑えてきている小島は今日も4回1安打1失点、その失点も一死三塁で内野陣が前進守備をしない中でのセカンドゴロによるものですから井口監督も仕方なしとしているようで、ただそこは西武を相手に極端なシフトを敷いたのですからなぜそういった守りだったかの説明が欲しいです。
そんな小島は実は生命線のストレートを軸にチェンジアップとカットボールなのか変化球のキレがあり、打たれたボールはいずれも高めに浮いたものでしたが反省をするとしたら下位に回の頭で歩かせたことでしょう、対左打者と無駄な四球が課題なだけにそこはいただけませんでした。
対左打者というところでは松永が山口と息が合わずの内野安打はともかくとしてその後の2安打は前回にようやく目に見える結果を残しただけに残念すぎて、山本大もそうですがもう左対左にこだわって調子の上がらない左腕を使うのは止めるでよいように思います。
そして先発を意識してなのかチームBとしてのものなのか2イニングを投げた大嶺と、変化球が多かった土居は何かのお試しだったのか、次が楽しみです。

平沢頑張れ

打線は岸にもそうですしルーキーにもしてやられての4安打、マーティンが初出場もレアードは術後の腰を慮って寒さを嫌っての欠場とのこと、そして井上はまた違った理由のような気がしてイヤな感じしかありませんが、なかなか思うように顔ぶれが揃いません。
前の試合では解体された二遊間は元に戻って中村奨は地味に湿りを通り越してのズブズブで、一方で藤岡は一二塁間を破っての同点タイムリーを放ちました。
バットの軌道が遠回りなのは相変わらずですから根本が変わったわけでもなさそうですが当てるだけの逆方向が多い藤岡ですからとにかく引っ張る意識を持ってもらいたく、昨季も開幕から暫くはその傾向で期待をしたのですがいつの間にやら元に戻っただけに今季は長く続けてもらいたいです。
そんな二遊間に切り込みたい平沢はシャープに振り抜いて久しぶりの一発で猛烈アピール、12日にデビューの佐々木朗もそうですが東北出身者に何かにつけて震災に絡んだ報じられ方でそのコメントを求めるのはいい加減にして欲しいのですが、本人はそれどころではないでしょう。
全力でのスローイングは数が限られているという江川チックな報道もありましたが、無理はさせたくないですししかし余裕も無く、悩ましさ爆発です。
そしてさりげなく安田に負けず劣らずその安田とは違って振りにいってのものではありますが3割に近い三振率の藤原も苦しんでいるようで、ともに四球も多いので出塁率での貢献はありますがチームとして求めているのはそこでは無いので率が身長に満たないドラ1コンビの浮上が待たれます。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
明日への活力に!

1 2 3 4 5 6 7 8 9
千葉ロッテ 0 0 0 0 1 0 0 1 0 2 4 0
楽天 0 0 1 0 0 0 2 0 X 3 4 0

◆3月9日(火) 楽天−千葉ロッテ3回戦(楽天3勝、13時、静岡、1,114人)
▽勝 高田孝 3試合1勝
▽S 内間 4試合1S
▽敗 松永 4試合1勝1敗
▽本塁打 平沢1号(高田萌)

▽バッテリー
千葉ロッテ 小島、大嶺、松永、東條、土居—田村、柿沼
楽天 岸、酒居、高田孝、高田萌、内間—下妻、田中貴

関連コンテンツ&スポンサーリンク

© 2007 オリオン村